ホテルからのお知らせ

  • その他

    札幌市食品衛生管理認証制度(さっぽろHACCP)プレミアムステージ認証について

    2018年01月11日(木)

  • 2018年1月1日、JRタワーホテル日航札幌の5施設が「札幌市食品衛生管理認証制度(さっぽろHACCP)プレミアムステージ認証」を受けました。

     

    さっぽろHACCPは、グローバルスタンダードな衛生管理システム「HACCP」に取り組む飲食店などを認証する札幌市の制度です。HACCPでは、食品を調理・製造する各段階において、どのような危害が発生する恐れがあるのかをあらかじめ分析し、その結果に基づき、どの段階でどのような対策を講じれば、より安全な製品を得ることができるかを考えます。その上で、安全を確保するために特に重要な工程について、問題がないことを十分な頻度で確認することで、提供するすべての食品の安全性を担保することができます。(札幌市ホームページより引用)

     

    JRタワーホテル日航札幌では2016年11月にHACCPプロジェクトメンバーを選出し、約1年間の準備を経て、2017年12月19日に行われた認証審査会によって館内の5施設(カフェ「セリーナ」(1階)、レストラン&バー「SKY J」(35階)、スカイレストラン「丹頂」(35階)、「スカイバンケットルーム」(36階)、フレンチレストラン「ミクニ サッポロ」(札幌ステラプレイス9階)が「さっぽろHACCPプレミアムステージ認証」として承認され、2018年1月1日付けの認証書を授受いたしました。

     

    今回の認定を受け、衛生管理や衛生教育などの取り組みを引き続き徹底し、お客様に安全かつ高品質のお料理を提供するために、最善の努力をして参ります。

  • :画像

‹ 前の記事へ   |   記事一覧へ戻る   |   次の記事へ ›